生命保険

生命保険の見直し FPに無料相談して賢く節約!

はじめての方へ

 

生命保険の申込みがはじめてという方は、⇒まずコチラをご覧ください。

 

生命保険の見直しはこちらをチェック!

 

生命保険の見直しのスタートは今加入している
保障内容のチェックからはじまります。

 

まず死亡保険金額、医療保障の自己負担額を確認してみましょう。
そして自分に日強いうな補償額を把握しておきましょう。

 

どなたでも該当する見直しポイントを4つ挙げておきます。

 

1.一生涯必要な死亡保障
葬儀費+墓所購入費用+相続税、から不要な部分を減らしてみましょう。

 

2.入院日額の自己負担分
平均的自己負担額から高額療養費補助などを引いた日額を計算してみてください。

 

3.遺族生活費
お子様がいらっしゃる場合は独立するであろう年齢まで、
年々保障が減っていく保険だと無駄がありません。

 

4.保険料は定年までに払い終われるように。

 

生命保険の選び方や見直しについては、All Aboutの特集サイトが非常に分かりやすくオススメです。

 

All About【生命保険の見直し】

 

相談は無料でできるってご存知でしたか?

 

実際に自分で勉強して見直すとなると、性別の違い、
未婚か既婚か、職業、扶養の必要のある子どもの人数、
住まいは持家か賃貸か、貯蓄はどれくらいあるか。

 

など各人の状況で必要な保障額が異なって来ます。

 

そのため、いざ自分でやってみると複雑で計算が面倒な事が分かります。

 

実は、ファイナンシャルプランナーへの保険の相談は
基本的に無料で相談や面談を行ってくれます。

 

保険会社に属していないファイナンシャルプランナーの場合、
中立の立場で、生命保険に関する無料保険相談を行ってくれ、
保険料の節約や保障内容などでの問題を見つけてくれるのでオススメ。

 

銀行で相談するとその銀行が提携している保険を進めれられてしまうので(^^;

 

無料相談ができるオススメのサイトをご紹介いたしますので、
興味のある方は参考にしてみてください。

生命保険の関連情報

生命保険に関するよくある質問/教えて!Goo
団体信用生命保険の代わりに民間の生命保険?
2014年 07月 24日
フラット35で借入予定ですが、団体信用生命保険より民間の生命保険(収入保障保険)の方がトータルで安いということを聞いたことがあります。 下記の条件の場合、民間の生命保険(収入保障保険)だと ・そもそも安くなるのか? ・安くなる場合の金額は?(総コスト比較) ・民間の生命保険(収入保障保険)のオススメ商品は? ・何か


ホーム RSS購読 サイトマップ